おすすめの絵本

以前書いてたブログにも
書いたことがあるんですけど
最近は新しい読者様もいらっしゃるようなので
改めてご紹介♪

子供に読んであげた絵本の中で
一番好きだったのが、

「きつねのおきゃくさま」

という絵本。

詳しい紹介のページがありました↓↓

きつねのおきゃくさま – こどもに読んであげたい絵本

結末が衝撃で、
読み聞かせながら
毎回泣いてましたが
本当にステキなお話です。

きつねが
ひよこやアヒルやうさぎを
太らせてから食べようと
下心満載で育てるんだけど、
そろそろ食べ頃という頃
3匹の匂いに気づいた
オオカミがやってきます。
すると、きつねは自分よりもはるかに
大きいオオカミに勇ましく向かっていきます。
3匹を守るために。

それは自分が食べるためではなく
3匹を育てる過程でひよこたちに
「優しいお兄ちゃん」と言われ
そのセリフにうっとりしたきつねは
自分を褒めてくれる
信じてくれる3人に
これまで感じたことのない感情を感じていたから。

結局、最後は3匹を守って自分が死んでしまうんだけど
その時の文章が泣ける。

「そのばん。きつねは はずかしそうに わらって しんだ」

サイトの紹介にある通り
「自分以外の人のために何かをすることで自分の価値を知る」
ってことなんだけど中身がホント深い。

癒されるので機会があったらぜひ見てみて下さい♪

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました